Forum Index » Make Your Own Gear » マジックバーナーの習作


Display Avatars Sort By:
Yukio Yamakawa
(JSBJSB) - F

Locale: Tokyo,JAPAN
マジックバーナーの習作 on 10/12/2007 09:48:59 MDT Print View

Ssimg_1725_2 マジックバーナー



という名の自作品が”道場の森”サイトに載っています。ユニークな形なので私も、真似して習作を作ってみました。原典はこちらです。http://www.geocities.jp/mmmk1717/070519magicburner/070519magicburner.htm



”マジックペン”の細長い空容器を巧みに使い、ガス混合管として活用しています。原作では、アルミパイプのジェネレーターですが私は試作改造を繰り返す。曲げ修正したときの折れ破損を恐れて外径2mm真鍮製パイプに変更しています。ジェネレーターは受熱効果のために3mm浮かせて固定しています。横に転がり易いので、接続部は大きく下側へ離して曲げています。このデザインはバッタの足からヒント得ています。燃焼すると全体が伝導熱で高温になります、ご注意!



Ssimg_1715



バーナーは11gです。改造バルブは46g、チューブは2g。バルブ内のプッシュピン機能は、2mmパイプを19mm長です。これで、カセットボンベだけでなく、ライター用ボンベや一般的なキャニスターにも、ほとんど総てに対応出来ます。Oリング(サイズはP2です)で気密を保っています。燃焼実験、中火で燃焼させて、スノーピークのno1マグを使い自作ヘキサゴンスタンド30mm高さ、200ccの水道水を入れて乗せました。約2分50秒で沸騰します。写真のキャニスターのガスは入れ替えてあります。ブタン100%ガス、室内、風防無し、25度でのデータです。

Edited by JSBJSB on 10/12/2007 09:53:11 MDT.

Bill Fornshell
(bfornshell) - MLife

Locale: Southern Texas
"マジックバーナーの習作 on 10/12/2007 11:39:31 MDT Print View

Yukio san,

You keep coming up with one surprise after another. I really like this one. One of these days I need to get back into making stoves. For now you are "the man".

Bill

Edited by bfornshell on 10/12/2007 11:43:15 MDT.

Yukio Yamakawa
(JSBJSB) - F

Locale: Tokyo,JAPAN
JSBのユニークな、jetの加工方法 on 10/13/2007 06:42:28 MDT Print View

Mr. Bill, thank you!

Φ0.3 mm diameter hole jet is about making difficult. In such a case, Φ0.3 mm of piano wire or stainless wire to prepare the grease paint. 10 mm brass pipe on the tip of a rehashing. The picture has Φ0.3 mm enough to divert part of needlepoint. Moderately into pincers and from the vice inserted, or tapping lightly with a hammer. By rotating the Pull, about 0.3 mm to about the hole remains, after politely correct and practical hole (jet) for processing. At right angles to tapping and broadening correction.


p>Ssimg_1726 JSBのユニークな、jetの加工方法
、、、、、、、、、、、、、、、、、

Φ0.3mmぐらいの穴径は作りにくいですね。Φ0.3mmのピアノ線またはステンレス線を準備してグリースを塗る。真鍮パイプの先端10mmを焼き直しておき,写真ではΦ0.3mmぐらいの先端部を流用しています。適度に差し込んでから万力やペンチで挟む、またはハンマーで軽く叩く。回転させながら引き抜きますと、およそ0.3mmぐらいの穴が残りますから、後は丁寧に修正すると実用的な穴(jet)を加工出来ます。直角方向を叩くと広がり修正出来ます。

Edited by JSBJSB on 10/13/2007 06:49:02 MDT.

Tony Beasley
(tbeasley) - MLife

Locale: Pigeon House Mt from the Castle
re; Magic burner studies on 10/13/2007 15:47:37 MDT Print View

Hi Yukio san,

nice work, your designs just get better. What size jet do you use in your magic burner.

Tony

Edited by tbeasley on 10/13/2007 15:48:40 MDT.

Yukio Yamakawa
(JSBJSB) - F

Locale: Tokyo,JAPAN
It is 0.3mm diameter. on 10/14/2007 08:34:28 MDT Print View

Raitaadj Tonyさん、こんにちわ!Tonyさんの作品に負けないように私たちも頑張ります!(笑)jetは0.3mm直径よりもやや大きくなってしまいました。もう少し小さくしたほうが適正ですね。

この写真,前に記述したサイトに出ていたのを見て作りました。ごく普通の使い終わった100円ガスライターから火力調整部分(バルブ)を切り分けた様子です。右側のものは、ボンベに付属のキャップの裏側です。使い終わりに残留ガスを完全に排出するためにこれをパチンとボンベに嵌めるとガスが出たままの状態になります。その機能を利用します。ON/OFFは、この部品で行い、細かい流量を上の部品(バルブ)で調整できます。小さな部品なのですがここまで分解する必要はありません。細い先端部を引き出しておいて瞬間接着剤で固定します。回転させて流量調整だけ可能にします。重さは3gです。参考データです。ガス抜きキャップ6g、バーナー11g、チューブ2g、バルブ3gチタンスクリーン10g、SP200ccマグカップ32g自作ヘキサゴンスタンド30mm高さ6g、30g入りブタンボンベ50gです。★30gのブタンガスは、およそ60gのメチルアルコールに近い熱量を発生するそうです。外気温にも左右されます。

<div>Mr. Tony, Hullo!

Tony, who works as unbeaten

We also my best! (Laughs)

Jet is 0.3 mm in diameter than

Slightly bigger.

It is a little bit more money.

This picture is

Before describing the site was out to see

Created. Everyman gas lighters from 100 yen

Fired partial adjustment (valve) to distribute air.

The right side of the tank that came on the other side of the cap.

At the end of your residual gas emissions in order to complete

This snap嵌MERU and gas cylinders to remain out

State. The functionality.

ON / OFF is, in this part of the fine flow

The above components (valve) can be adjusted. Small Parts

- But here is not necessary to decompose.

Thin tip of the drawer and you have instant glue fixed.

Rotational speed flow control. 3 g weight.</div>

Edited by JSBJSB on 10/14/2007 08:38:39 MDT.